明日のことは明日考える

アクセサリー工房Fortunaの備忘録

ハンドメイドイベントで10万売り上げるためには?最重要レイアウト編②

※私個人の体験に基づいたもので絶対にこうすれば成功するというものではありません。

 

便座の耐荷重が気になる

f:id:fortuna-mc0703:20170614194321j:plain


どうも、ちーちゃんです!

 

今回は【ハンドメイドイベントで10万売り上げるためには?最重要レイアウト編②】です


前回の記事はこちらから

【ハンドメイドイベントで10万売り上げるためには?最重要レイアウト編①】

 

 

 



レイアウトについて

 

 

ポップはつけた方がいい

 

目立つというのもありますが、レイアウトに華やかなポップがあると見たくなるんです。

ドンキホーテまでやらなくても、少しつけてみるといいかもしれません。

 

 f:id:fortuna-mc0703:20170614194922j:plain

 

これはうちのレイアウトですが、ポップはもっとあった方がいいです。

これじゃ足りないです。字ももう少し大きくしたほうがいいですね。

 

 

 

レイアウトは階段状

 

 

f:id:fortuna-mc0703:20170614195235j:plain

 

レイアウトが完成した後お客さん目線で見てみてください

 

  • 奥までしっかり見えますか(取れますか)?
  • 変な隙間があったりしませんか?

 

綺麗な階段状になると、奥のものもしっかり見えて取りやすくなります。


あと、沢山売りたい商品はテーブル天板に近いとこに置くといいです。
見やすいだろうと上の方に置いても案外見えないです。

 

 

 

屋内イベントと屋外イベントでレイアウトは変えるべき


屋内ならただ綺麗で可愛いレイアウトにすればいいと思います。


ただ屋外となると話は違ってきます。


屋外イベントの天敵は日差しです
レイアウトが白いと日差しが反射して見づらくなることがあります。


100均のテロテロテーブルクロスは絶対にやめたほうがいい。
真夏の日差しが反射して目が焼けるかと思いました。


あと、商品や台紙が日光で焼けちゃうんです。


おすすめの対策としてはタープを張る
真夏なんかはお客さんも涼しく見やすくて購買率が上がります

 

風に関しては、うちでもまだ試行錯誤中です。
今のところおすすめできるのは台紙に土台をつけて重しにする
レイアウトの台座やプラスチック板なんかは接着剤でくっつけておく等です。

 

 

まとめ

 

商品向上は永遠の課題

 

ハンドメイドについて何本か書いてきました。

大体お伝えしたいことは書きました。

私が書いてきたことを実践していただければ、『全く売れない』からは抜け出せると思います

 

全部やっても売れない場合は商品向上に勤しんでください。

商品向上に関しては永遠と終わらない課題なので、共に頑張っていきましょう。

 

 

 

まとめのまとめ

 

最後にまとめのまとめを。

 

ハンドメイドで生計を立てることは可能です。


ただ副業としてだらだらやってハンドメイドの文句を言う人はとりあえず本気で取り組んでみろと言いたいですね。


何事もですが、色んなもの切り捨てて本気で取り組めば成功します。


実際、私達は朝から晩まで毎日休むことなくハンドメイド脳になったら食べていけるようになりました。

 

でも何度も普通に働いた方が楽だよなとも思いました。
それでも続けるかは皆さん次第です。
やりがいは半端ないです
毎日が充実しています。

 

私たちもまだまだ新参ですが、これからより一層ハンドメイドに邁進していきたいと思います。


とりあえず1年を振り返って、今からハンドメイドを始めるという人の参考になればと思い書きました

 

売れないからと諦めないでください。
頑張った先にはきっと明るい未来が待っています。

素晴らしいハンドメイドライフを!!

 


長々と駄文を読んでくださりありがとうございました。

 

 

 

 

ランキングに参加中です!

励みになりますのでポチっとよろしくお願いします☆

↓   ↓  ↓

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村